NEWS      BIOGRAPHY      BLOG      LINK      CONTACT     

ゆのきけいすけびじゅつじゅんびしつ

copyright©2016YUNOKI KEISUKE All right

柚木島

 

2011年

小豆島Story of the IslandⅡ

醤油樽、木、浮き、その他

 

 

香川県小豆島は醤油の産地である。島内にはいくつもの醤油蔵があり、いまでも木桶を用いている会社もいくつかあるそうだ。調査の段階で、たまたまもう使われていない廃棄予定の木桶があると聞き、すぐに手配をお願いした。過疎化が進む地域で作品を制作すること。お盆には子供達が帰ってくること。昔はどこの海岸にも木造の飛び込み台が設置されていたことなどの条件から色々なプランを検討し、4つの木桶を用いて海に浮かぶ「秘密基地」を作ることにした。

 

木桶の大きさは直径約1800mm×高さ約1800mm。海に浮かばせる為に木桶一つにつき3つのフロートを入れる。それら4つをつなぎ、床を張る。砂浜からはロープをたぐり小舟に乗って上陸。飛び込み台を作り、地元で見つけた色々な小物で盛り付けをして約2週間をかけて完成した。

 

地方で作品を作る上での重要なこととして、いくつか大事なことがある。

 

・その土地にあるものを使うこと

・その土地の人々と関わること

・その土地に自分が入り込むこと

 

全てを満たすものが作れるかは分からないが、これらの要素を盛り込むことをスタートラインにしている。